講話番号順に表示 新規投稿順に表示

“新約聖書”に刻まれている“真理”は、決して無視されてはいけないものです。あなたたちが真実を現すならば、あなたたちも真実となります。あなたたちの本質は“神”なのです。今この瞬間、この本質を自分のものとしなさい。今は“永遠”であり、“人生”の一瞬一瞬のすべてが“今”なのです。ゆえに、過去を思い煩わず、未来を心配してはいけません。未来は今を生きるあなたたちによって、解決されるのです。
(マタイによる福音書 6:25-34、ヨハネの福音書 5:39、8:31-32、14:6、17:3,17、ヨハネの手紙一 4:16、コリントの信徒への手紙二 5:17、ヤコブの手紙 1:2-4、フィリピの信徒への手紙 4:4-7、使徒言行録 17:2-3、テモテへの手紙二 3:14-17、ヘブライ人への手紙 4:12、イザヤ書 43:18-19)

あなたたち全員が、 “全能なる遍在者”を理解するようにならなければいけません。神はすべての空間を満たし、過去も未来も知らず、久遠の今にして、昨日も今日も、そして永久に変わらないのです。
(詩篇139:7-12、イザヤ書 41:10、43:18-19、マタイによる福音書 28:20、ヨハネによる福音書 14:6,27、ヘブル人への手紙 13:8、ヨハネの黙示録 1:8)

すべての時間が“今”であることを知るようになると、“懇願” はなくなり、あれこれ待ち望むことをやめ、大きな緊張がなくなります。今日というこの日でも、あなたたちのうちどれだけ多くの人びとが、心を張りつませていることでしょうか。それは、“遍在なる全能者”の中に生きていないからです。過去や未来に生きていて、今の今、“神の命”が栄光に輝いているのを見逃しているのです。
(詩篇139:7-12、イザヤ書 41:10、43:18-19、マタイによる福音書 28:20、ヨハネによる福音書 14:6,27、ヘブル人への手紙 13:8、ヨハネの黙示録 1:8)

あなたたちの魂に“平安”が訪れ、これまでの重荷は消え去ります。あなたたちのものはすべて“わたし”のものであることを知るがゆえに、あなたたちがこの世の重荷で悩むことはなくなるからです。
(ヨハネの福音書 14:27、17:10-11、マタイによる福音書 6:25-34、11:28-30、フィリピの信徒への手紙 4:6-7、詩篇 4:8、イザヤ書 26:3-4)

“霊”はすべての力であり、すべてを指揮します。しかし、外にいて中をのぞくだけでは、目の前に広がる祝宴に参加することは決してできません。しかし、今進んで中に入るならば、今の今、宴会に参加することができるのです。今以外の時は永遠にないのです。
(ヨハネの黙示録 3:20、ヨハネによる福音書 14:6,23、マタイによる福音書 7:7-8、ルカによる福音書 15:11-32、出エジプト記 19:5-6、詩篇 23:5-6、イザヤ書 55:1-3)

この理解に達したとき、与えられた時間内に多くのことを成し遂げなければならないと感じている熱心なあなたたちの魂は、“愛”と奉仕こそが喜びであり、安らぎであることを知るようになります。
(ヨハネによる福音書 15:12-13、マタイによる福音書 11:28-30、22:37-40、コリントの信徒への手紙二 9:7、ガラテヤの信徒への手紙 5:13-14、ヨハネの手紙一 3:18、詩篇 23:1-3)

これらの言葉はなかなか理解できず、不可解なものに感じられるかもしれません。しかし、“主”の中に安らぐとは、常に“主”と共にあるということです。“主”は“全能者”の至高の現れです。これを理解すれば、恐怖も疑いも消え、人生は喜びとなるのです。
(詩篇 23:1-6、46:10、イザヤ書 26:3、41:10、ヨハネによる福音書 14:27、マタイによる福音書 6:25-34、11:28-30、フィリピの信徒への手紙 4:6-7)

世のさまざまな重荷を背負ったときにのみ、悲哀があるのです。心を上に向け、父なる神が、あなたたちが何を必要としているかを知り給い、すべてを用意して下さっていることを喜びなさい。食卓はすでに用意されているのです。望むならば今すぐに宴会に参加し、好きなだけ饗応を受けることができるのです。唯一必要なのは、それを受容する能力だけです。
(マタイによる福音書 6:25-34、詩篇 23:1-6、34:10、イザヤ書 25:6)

あなたたちは、時間や空間が本質的な要素にはなっていない“久遠常在なる存在”からもたらされる平安と静謐の感覚とともに、エネルギーを更新し、さらなる経験に向けた道を切り開いていくのです。なぜなら、それは時間も空間も知らない“久遠常在なる存在”だからです。
(ヨハネによる福音書 14:27、コリントの信徒への手紙二 5:17、ヘブライの信徒への手紙 13:8、詩篇 46:10、90:2、コレヘトの言葉 3:11)

霊的に生きるとは、“実在”の中に生きるということです。制約され、不規則に生きるということではありません。無限なる存在の中に、どうして時間や空間という制限があるのでしょうか。神は遍在し、"神の御心"はあらゆる場所を満たしていることを知ってください。神が存在しない場所はどこにもないのです。
(ヨハネによる福音書 4:24、17:3、コロサイの信徒への手紙 1:16-17、使徒言行録 17:27-28、詩篇 139:7-10、イザヤ書 66:1-2、エレミヤ書 23:24)