講話 12 – 1

気づき

“神聖な思考”は内なる“キリスト”の覚醒です。

講話 12 – 2

気づき

内なる“キリスト”の“強大な力”を理解する者はきわめて限られています。“キリスト”はあなたたちの一人ひとり個別に現れている父の“霊”です。父を意識しなさい、外界と内界をつなぐ媒介となる“神の言葉”に意識を向けなさい。それがあなたたちの内なる“キリスト”です。

講話 12 – 3

気づき

内面を探究すれば、あなたたちは父なる神を見出すでしょう。一方、外面を見れば、諸々の反応、結果を目にします。あなたたちはこの二つの違いを認識し、あなたたち自身の内なる“偉大な創造力”を自覚しなければなりません。この“創造力”こそが存在する唯一の“創造力”であり、その源を認識しながら意識的に用いることによって、完璧性があなたたちの“人生”(生命・生活・生涯)にもたらされるのです。

講話 12 – 4

気づき

ゆえに、あなたたちの限定された論理的思考のプロセスによってそれを制限し、無限に至る道を閉ざさないでください。あなたたちの理性は物事の理解に限定されています。したがって、他者の限定的な信念や考えはすべて排除しなければなりません。そうすればこの無限の意識状態が個の意識に浸透し、理性を超越した“神の力”で満たされ、洪水のように溢れるのです。

講話 12 – 5

気づき

この“神の本質”そのものは、推論なしに、想起なしに、ただちに知る能力(直接知)があります。あるがままで自由自在です。それは無限の理解力をもっているため、創造する力を内在しています。“神性”はそれ自身が“叡智”に満ちているため理性を超越しています。あなたたちが“神性”について推論するとき、理性はそれを制限します。なぜなら、それは理性を超越しているからです。あなたたちの理性は、心(想念)の中にあるものに基づいていますが、“実在”はあなたたちの心(想念)を超えているからです。

講話 12 – 6

気づき

あなたたちの理性が及ばないものについては推論することはできませんが、あなたたちの心(想念)の制約を取り除くことによって、受容能力を拡大することができます。

講話 12 – 7

気づき

あなたたちの信念や信仰が、あなたたちの無限への展開を妨げています。もしあなたたちを邪魔する信念や信仰がなければ、あなたたちは再び幼い子供のようになり、妨害されることなく、自由に“実在”を理解することができるでしょう。

講話 12 – 8

気づき

多くの人びとは凝り固まった信念や信仰のために妨げられています。彼らが信じた他者から与えられた考えを超えるものは何も受け入れることができません。その結果、彼らは自分以外の権威に身を委ね、制限され、束縛され、自由ではなくなっています。

講話 12 – 9

気づき

これらの障害や信念、信仰こそが、今あなたたちの中に現れている“キリスト”のとてつもない“力”を阻んでいるのです。“キリスト”は天においても地においてもすべての力を授かっています。これを理解すれば、“キリスト”は本質的に無限であるため、限定的な信念や信仰は消え去ります。“キリスト力”とは、父なる神ご自身が個別化され、あなたたち一人ひとりの中で個別にご自身を表現されているものです。ご自身が分離されているわけではなく、計り知れない多様性を持ちながらも一つであり、同じなのです。“キリスト”はすべての人において同一です。

講話 12 – 10

気づき

あなたたちは幼子のようにならなければ、“神の国”に入ることはできません。他人から与えられた考えや信仰による束縛から解放された心(想念)となって、はじめて無限なるものを受け入れることができるのです。あなたたちの中で働いているのは“わたし”だからです。(マタイによる福音書18章3-5節)