講話 5 - 8

恐れるべきものは何もありません。忍耐強くありなさい。あなたたちのために語ってくださることを父に委ねなさい。わたしたちに内在されている父なる神が語られるのです。わたし自身は無ですが、わたしの内に住まわれている父なる神はすべてのすべてです。父なる神は“わたし”をご存じであり、“わたし”は父なる神を存じています。“わたし”が父なる神を存じているからこそ、父なる神は“わたし”の中で、“わたし”を通して語られるのです。このようにして“わたし”は、“神の平和”と“神の愛”、“神の癒やし”と“神の叡智”をもたらすのです。(ヨハネによる福音書5章19、30、38節。7章16節。8章28、42節。10章33-38節。14章10節)