講話番号順に表示 新規投稿順に表示

人生には恐れる必要があるものなど、何もありません。すべてのすべてを父に委ね、忍耐強くありなさい。あなたたちの多くはあれこれ恐れますが、それは“内なるキリスト”に気づいていないからなのです。

もしあなたたちが恐怖に満たされてしまうならば、それによって動揺(どうよう)が生じてしてしまい、しばしばまちがったことを行い、それがあなたたちの生活や人生にまで影響を及ぼしてしまうことがあります。しかし、そうしたことは決して重要なことではないのです。なぜなら、“命”こそが唯一の“実在”であり、最終的にはすべての物事が正しい方向に進んで行くからです。

しかしあなたたちが恐れることなく、希望を抱いているならば、父はあなたたちの“内なる所定の座”に着き、わたしも父と共に席に着き、あなたたちを即座に解放するでしょう。

よくよく理解しておきなさい。あなたたちは神の中に生きており、神はあなたたちの中に生きておられるのです。神がおられない場所、神の外側など、どこにもないのです。この“真理”が本当に理解されたとき、あなたたちはいつどこにいても、常に安心なのです。(使徒言行録17章28節)

ああ、どうすればあなたたちにこの真実を理解してもらうことができるのだろうか ―― あなたたちの中に生き、あなたたちを通して生きておられるのは神であり、“父ご自身”なのです。父の“意識”、父の“命”、父の“知性”、父の“叡智”は、あなたたちの中で、あなたたちを通して、絶えずご自身を表現されておられるのです。もしあなたたちがこの驚くべき“真理”に目覚めるならば、父がおられない場所はないことを知るでしょう。父は遍在であり、ありとあらゆる場に臨在されています。あなたたちがどこにいようとも、父はそこにおられるのです。(ヨハネによる福音書10章34節)

力の秘密はあなたたち自身の“意識”にあります。なぜならば、“神の意識”、“神の知性”は、あなたたちを通して “ご自身”を表現され、あなたたちを神の息子・娘にされているからです。(ヨハネによる福音書10章34節、コリントの信徒への手紙一13章2節)

肉体感覚(五官六根)を静めなさい。そうすればあなたたちの内なる“キリスト”があなたたちの身体(からだ)を支配します。肉体感覚が活動的なときは、あなたたちの内なる“キリスト”は沈黙しています。

恐れるべきものは何もありません。忍耐強くありなさい。あなたたちのために語ってくださることを父に委ねなさい。わたしたちに内在されている父なる神が語られるのです。わたし自身は無ですが、わたしの内に住まわれている父なる神はすべてのすべてです。父なる神は“わたし”をご存じであり、“わたし”は父なる神を存じています。“わたし”が父なる神を存じているからこそ、父なる神は“わたし”の中で、“わたし”を通して語られるのです。このようにして“わたし”は、“神の平和”と“神の愛”、“神の癒やし”と“神の叡智”をもたらすのです。(ヨハネによる福音書5章19、30、38節。7章16節。8章28、42節。10章33-38節。14章10節)

父は父ご自身を “わたし” の内にあって、常にあなたたちに明らかにされています。なぜなら「わたしは“命”です」。「わたしは命である」―― これが世の初めにあった言葉なのです。(ヨハネによる福音書1章1-3節)

多くの人びとが“わたし”を“人類の救世主”として受け入れることを拒否してきました。しかし“わたし”は“命”であり、 “父の命”はその“子”の中にあり、それは唯一の“実在”なのです。(ヨハネによる福音書5章39-40節)