講話 5 - 10

多くの人びとが“わたし”を人類の救世主として受け入れることを拒否してきました。しかし“わたし”は命であり、唯一の実在である父の命が子の中にあるのです。