講話 2 - 8

わたしはあなたたちの言葉と表現方法を使わなければなりませんが、これらは霊的真理を伝えるにはまったく不適切です。しかし、あなたたちが内なる霊に心を開くとき、わたしの言葉が真実であることがわかるのです。

From: 上原義高 on 2018-07-19 03:38:58

>これらは“霊”的な真理を伝えるのに全く不適切ですが、

あなたがた自身を内なる“霊”に開くことにより、



「まったく不適切」「“霊”的な真理」「内なる“霊”に開く」・・・・これらは文字や言葉に囚われ、頭で考えることではないということを示唆している。

ということは、必ずしも「頭でわかる必要はない」ということでもある。そんなことよりも、「ハートに問う、自分の内奥の中心に探る、全身全霊の疑問追究をし続ける」ということだろう。これは、臨床心理、カウンセリングでの成果の研究、すなわち、頭ではなく身体に問う方が成果があったというフォーカシングの誕生の経緯に近いといえるだろう。

返信