講話 12 - 10

「汝ら、幼子(おさなご)の如くあらずんば、神の国に入ること能(あた)わず」です。他の人から与えられた考えや信仰の制約から解放された想念となってのみ、無限なるものを受け入れることができるのです。なぜなら、あなたたちの中で働いているのは“わたし”だからです。