講話 11 - 9

実在には始まりがなく、終わりもありません。実在は人間によって創造されたものではありません。人間は自分の意識の中で、時間と空間を創造しています。それは、時間はなく、空間もなく、始まりはなく、終わりもない全き全体性がわからず、認識をしていない幻想でしかありません。唯一なる全体があるのみであり、この全体が今、自己を表現し続けているのです。これが“実在”です。“わたし”は“実在”と一つです。“実在”は“わたし”と一つです。これが、すべてが可能となる“キリスト意識”の認識です。