講話 11 - 8

時間と空間は、全体性、無限なる完全性の認識に関して、常に障害となってきました。“無限なるもの”を受容するためには、時間も空間もあり得ないのです。