講話 1 - 7

真理とは何かについて、様々な示唆(しさ)が外からやってくるでしょう。しかし、外から来る示唆によって真理を理解することはできないのです。それゆえ真理に関してはどのような決めつけも行ってはいけません。なぜなら真理は測りがたく、永遠なるものだからです。わたしは常在であり、永遠なる我が神性の内に自分自身を現しているのです。