講話番号順に表示 新規投稿順に表示

悟ることによって扉を開くことができるのは、唯一あなたたち自身なのです。そうして、キリストがあなたたちの中で紐解かれていくに従い、あなたたちは、自分が父の家にいることを悟り、すべての善いものが満載(まんさい)されたキリストの豊かな宴席で、ごちそうを食べることができるようになります。

これこそが、永遠なる全知全能の御方(おかた)の真理の栄光なのです。この御方の中にわたしたちは生き、動き、存在を保っており、この真理があなたたちを自由にしてくれるのです。

“わたし”は神の愛と知恵です。ゆえに、あなたたちの心の中の“わたし”に耳を傾けなさい、そこに“わたし”がいるからです。

わたしのハート(心臓)とあなたたちのハートの鼓動(こどう)を、一つにしなさい。そうすれば、あなたたちの肉体も含め、外の世界全体にわたって、命の光が灯(とも)ります。なぜなら、主にして王である方が仰(おう)せられたからです。それによって、あなたたちの肉体のすべての細胞は、内なる“生ける臨在”の真実に目覚め、あなたたちのやることなすことはすべて幸いをもたらすようになるでしょう。

わたしのハートとあなたたちのハートは、一つになって鼓動しなければなりません。このことを軽々しく受け流してはいけません。これが何を意味しているのか、心の中で深く問いなさい。

キリストこそあなたたちの命であり、死を含むすべての敵が鎮圧(ちんあつ)されていることを忘れてはなりません。キリストの中に死ぬことは、永遠に生きることです。

たとえ死すべき感覚(肉体の五官)の中にとどまっている間であっても、目を上げて、あなたたちの周りに何があるかを見ることができさえしたら、もはやわたしがあなたたちに話していることを疑うことはなくなるでしょう。あなたたちの愛する人たちは、今あなたたちと一緒に、ここにいるのです。

彼らの大多数は、自分が地上にいたときには授けられなかった真理を、今あなたたちが授けられつつあることを知り、喜びに満たされています。彼らはこの真理が授けられなかったために、永遠の命に関して無智なまま、内なる領域に移行したのです。

死はないこと、死の到来によって個人の生活が中断されるようなことはないこと ―― あなたたちがこれを明らかに悟り、自覚しながら内なる領域(霊の世界)に入るならば、その報酬はなんと素晴らしいものでしょうか。死とは、地上の身体に蒔(ま)かれた霊が、霊的な身体に移行するときに起きる変化にすぎません。あなたたちの“地上の状態”で、今生きているのもキリストです。キリストは永遠に生きているのです。

あなたたちの“地上の状態”で、今生きているのもキリストです。キリストは永遠に生きているのです。