講話番号順に表示 新規投稿順に表示

古い束縛(そくばく)は崩壊しつつあり、過去の廃れた信条は消えていきます。樹液が枯れたり命が失われた樹の枝のように、生きていることはできません。

全人類は、より高い次元の想念のレベルへと高められつつあります。わたしはあなたたちの中にいて、無用な言葉や教義によって作られた空虚さを埋めています。ゆえに、あなたたちはもはや偽りに執着することはないのです。

もはや、はるか遠くに離れた神を説く者に耳を傾けてはなりません。あなたたちの内なる神に耳を傾けなさい、そこに真理が宿っているのです。

もしあなたたちが、他人の信じていることに縛られているのであれば、あなたたちは束縛(そくばく)されていることになります。 わたしはその束縛から解放し、あなたたちを自由にするためにやって来ました。わたしは、“生ける神”という唯一の真理、それこそがあなたたちの内なる“生ける神”であるという真理をあなたたちにセットすることによって、あなたたちを自由にするのです。父のみが生きています。わたしが生きているのは父が生きているからであり、父がご自身の中に命を持たれておられるゆえに、息子がご自身の中に命を持つことを許されているのです。

“神との一体感”―― これを知ること、これを意識し、これに気づいていること ―― これこそが、あなたたちの救いの全てなのです。これこそが、自由への扉を開くことなのです。

あなたたちのこれまでのさまざまな想念は、外からのまちがった考えが詰め込まれてしまっています。そうして、神聖なる内奥、唯一の実在への扉を閉じてしまっていたのです。

他人の言ったことを心に問うことなく信じてしまい、その考えや信念を受け入れてしまうならば、あなたたちは“考える人”ではなく“模倣者”になってしまい、束縛から解放されてはいません。

偶像を拝む時点で、もはや自分で考える力はなくなってしまい、あなたたちが拝むものが、あなたたちの思考を破壊してしまいます。なぜなら、あなたたちは無智の中に彷徨(さまよ)い、あなたたちの内にまします生ける神という“唯一”の真理を見ることができなくなってしまうからです。

あなたたちは気づいてきませんでしたが、あなたたちが“わたし”から、お互いの人びとから、そして神から離れているという、あなたたちの“分離の感覚”こそが、(真理の)最大の敵だったのです。

これまで多くの人びとが、あなたたちに対して、「人間は神の家の外にいるのであり、神の家に入るためには、何か特別なことをしなければならない」と信じ込ませてきました。しかし、わたしはあなたたちに言います。あなたたちはすでに神の家の中にいるのです。あなたたちは、この真理に目覚めなければなりません。