講話番号順に表示 新規投稿順に表示

したがって、あなたたちの敵が飢えているならば、食べさせて上げなさい。喉が渇いているならば、水を与えなさい。あなたたちが誰かに行うことは、どんなことであれ“わたし”に対して行っているのです。

一切の悪に対して、善をもって克服しなさい。なぜなら、どんなことであれ、あなたたちが心の中で為すことは、己自身に為すことだからです。

あなたたちは、人を軽蔑しながら褒(ほ)めるのですか。誰かには親切にし、その一方で、他の人には不親切になるのですか。あなたたちは自分に敵対する魂に対して、家族のように、陽気に食事を振る舞っていますか。あなたたちがどんな人に対して行うことでも、それは“わたし”に対して行うことなのです。ゆえに、わたしの足跡をたどりなさい。そうすれば、天においても地においても、すべての力があなたたちに与えられのです。

わたしがどんなことを行っても、父がそれをご覧になると、その百倍も報いてくださいます。“わたし”が本当に豊かなのは、“わたし”の父が豊かだからです。

ありとあらゆるものすべては、父のものです。すべての人が父の子であり、たとえ不従順な子であっても、父はすべての人を愛しておられます。

“わたし”は最高の統治を行っています。父の神殿を壊そうとするものはすべて、“わたし”によって征服されるでしょう。

すべてが“わたし”によって鎮(しず)められたとき、わたしもまた、わたしを遣わされた父に従います。父はすべてをあるべき位置に置かれ、わたしたちは、父の中で“一つ”になるためです。

“キリスト”は、自然の身体(肉体)の中の種です。そしてこの種は、霊的な身体の中で成長していきます。身体とは、キリストがそれを通じて働かれる焦点にすぎません。

身体には、肉体と霊体がありますが、“キリスト”はその両方の統治者です。

アダムは、大神霊によって命を吹き込まれ、生ける魂となりました。