講話番号順に表示 新規投稿順に表示

大いなる癒しの業(わざ)は、肉体感覚が消え、意識が内なる天国に向けられたときにのみ為(な)し得るのです。

これこそ“わたし”があなたたちに与える水であり、あなたたちがもはや二度と渇くことがなくなる、永遠の命が湧き出る生ける水の源泉だからです。

わたしは、わたしが父と共に見たことを語ります。神はわたしの父であると同時にあなたたちの父です。わたしがあなたたちを愛するように、あなたたちもお互いに愛し合わなければなりません。

あなたたちが想いと心を内面に向けるとき、あなたたちの魂は神のキリストの温(ぬく)もりを感じ始めます。“キリスト”は初めから神と共におられ、今も共にある神の唯一の御子(みこ)です。キリストによらずして地に現れたものは何もなく、造られたものはすべて、キリストを通して造られたのです。

キリストという御子を通してご自身を表現されている父の愛の美しさを見ると、キリストは神の愛そのものであることがわかります。

御子は、この愛は、ご自身を通して不断に注がれているものであることを知り、了解されていますので、受け取ったままに、自然に現しています。ゆえに、わたしがあなたたちを愛しているように、あなたたちは互いに愛し合わなければいけないのです。

互いに愛し合い、わたしが語ったことを守ること――あなたたちは、これ以上のことはできません。なぜなら、わたしは父が与えてくださった真理を語っており、この真理があなたたちを自由にするからです。

罪とは、自己(真我)の外側にある五官六根の自分(現象我)に結びついた大いなる偽りであり、それは、分裂や混乱に属しています。

多くの人が世の中の罪について説教をしていますが、わたしはこの罪を、あまり長く見つめてはいけないと、あなたたちに話しました。もしあなたたちがいつまでも罪を見つめているとしたら、どのようにして、キリストを見ることができるのでしょうか。

あなたたちが、自己の内なるキリストに目を向けるとき、あなたたちの想念と心の中にあるこの罪、分裂、混乱は溶け去るでしょう。