講話番号順に表示 新規投稿順に表示

この理解の中には、ありとあらゆるところで活動しているある知性というものがあり、そしてその英智は、それに気づいた意識を通じて自分自身を表現します。気づきが大きければ大きいほど、その英智も大きく現象化します。

この知性は能動的であり、決して受動的ではありません。それは絶えず大神霊が望むことを描き出しています。あなたたちの内にはキリストが宿っており、それこそあなたたちの内にある唯一の創造力です。

あなたたちの不幸の根源は、自分は真理や命から切り離されているという考えにあります。ゆえに、「わたしは命である」「わたしと父は一つである」と言うのです。

真理を見ることはできません。しかし真理は、あなたたち自身の中で、あなたたちの内なる天の国から紐解かれるのです。

あなたたちを偽物の教師から守るのはこれです。内なる大神霊こそ、あなたたちのガイドにしなさい。あなたたちの内にある天の国を明らかにすること――これがわたしがやって来た理由です。

神のキリストが自分のなかに宿っていることを理解し始めると、もはや自分の外に求めることはしないでしょう。すでに内在のキリストを発見した人びとによって理解を深めるように導かれ、指示されるでしょう。さらに、わたしがあなたたちのために残した足跡をあなたたちが辿(たど)ることによって、イエスを通して語った同じキリストに、あなたたち自身が出会うことになるのです。

あなたたち全員の間に完全な調和があるとき、あなたたちは世のため、またそこに住むすべての人びとのために、大いなることを成し遂げることができます。なぜなら、その中心に“わたし”がいるからです。

神のキリストが内から語りかけるとき、外なるものは沈黙しなければなりません。肉体の感覚は、自己の外にあるものに反応します。外から来る雑音が、内なるキリストの意識に影響を与えてはなりません。

あなたたちの意識は、真理を誤解することによって混乱してしまいます。しかし、「キリストこそが至高なるもののすべてである」という真理に気づけば、そこにはただちに内なる平安が訪れ、外なるものも平安になります。「わたしは“わたし”の平安をあなたがたにもたらします」

あなたたちは、自分の魂の中に“わたし”の平安を感じることができます。では、わたしやあなたたちのもとに常におられるのは父であることを納得し、キリストのすべての力と栄光とをもって語らしめましょう。父こそが、“わたし”を通してあなたがたに語りかけておられる方なのです。