講話番号順に表示 新規投稿順に表示

聖書の価値について共に考えていきましょう。

“聖書”には、地上の律法のみならず、天界の律法も記述されています。

多くの書物に記されている言葉は、イスラエルの預言者たちが啓示を受けて書いた言葉です。これらの預言者たちは、啓示を受けた人たちでした。彼らは霊的なすべての事柄をとても深く研究していました。

彼らは、霊的な源から表現されるのを待機している知識をインスピレーションによって用いる力を持っていました。

預言者のほとんどがこの目的のために生まれてきたのです。あなたたちが聖書を読み通せば、彼ら多くの預言者に起こった不思議な出来事を見ることでしょう。それらの言葉はインスピレーションを受けたものですが、しかし書き記したのは人間でした。

啓示というものは、霊からやって来るある種の力ですが、その媒体(霊媒)を通じて表現しようとする場合、しばしば、その媒体の特性に応じて、その媒体風に変容されて表現されます。しかし今この瞬間に起きているような、霊的な源から降りてくる啓示という至純な形態のものもあります。それは、内なる高次の領域に宿られている意識が、使用する媒体の内なる意識を通して現象化するときです。これはあなたたちが聖書の中で読んでいる預言者たちのいくつかのケースで使用されました。

わたしたちはこれを“霊なる啓示の書”と呼んでいますが、聖書が世界で偉大な価値を持っている秘密は、その“インスピレーション”ゆえなのです。

魂は常に自分の存在の本源を探し求めています。この願いこそが、インスピレーションを通じて、真理へと導くのです。霊的な領域から答えられない魂からの呼びかけなどありません。

あなたたちは皆、永遠に、偉大なる全能の父と繋がっています。あなたたちと父との間に距離はありません。わたしとあなたたちの間にも距離はありません。どこにも分裂はなく、分裂や分離は人間の心の中に生まれた無智の概念に過ぎません。

実在には分離などありません。あなたたち一人ひとりすべての内なる大神霊と、わたしの内なる大神霊との間に分離などありません。そしてその大神霊とは、あなたたちに語りかけている父なる霊なのです。大神霊のみが語る声を持っているのです。