講話番号順に表示 新規投稿順に表示

これと同じです。上(霊界)にあるように、下(地上界)にもあります。ある人の想念から他の人の想念へと伝えるテレパシー通信があります。この仕事のために訓練された想念の器は、わたしが与える思考を表現します。

あなたたちは、この兄弟の意識が五官を超え、物質的な感覚を超えて上昇し、心の内奥の意識にまで高められていることに気づくでしょう。彼の意識はわたしの意識とつながり、自分の肉体に戻って、脳と肉体を共鳴板として用いるのです。

このプロセスが進行している間、彼は起こっているすべてを知っています。しかしわたしの霊的支配による通信が終了すると、演壇の後ろにあるレコーダーを再び聞くまでは、彼は何も覚えていません。

この兄弟が瞑想し、静かに座って彼自身の意識の内奥に再び入れば、そこに記録されているすべてを発見するでしょう。そして、わたしが教えたすべてを再び引き出すことができます。そのため、この一連の講話が終われば、彼は以前に増して、もっと真理を表現する、より偉大なる神の道具となります。

彼はこの目的のためにヒマラヤで訓練を受けてきました、時には7日間、またはそれ以上も、食べ物も飲み物もなしで、より高いヴァイブレーションを受け取ることができるようになるまで完全な瞑想に没入しました。

その結果、わたしたちは彼を世界中で使い、またこれからも世界の他の地域で彼を使うでしょう。これらのことを語っているのは、あなたたちがこうしたことを知っておくべきだからです。ある日、わたしたちは彼をあなたたちの目に見える世界からわたしたちの霊界に連れ戻し、霊界において目に見えない世界で、彼はあなたたちと共に働く日が来るでしょう。わたしたちは彼を活発で、若く、強く、男らしく保ってきました。それはこれからも彼が地上にある限り続いていくでしょう。

あなたたちがこの地上で最高の音楽を聴くことができたとしても、それは作曲家の魂に抱かれた美しさのほんのわずかのみが、あなたたちに与えられるにすぎないのです。

あなたたちもそれと同じなのです。わたしがあなたたちに与えるものは、わたしを愛する人のために用意されている美しさのほんのわずかしか感じることはできません。わたしを愛する者は、わたしの父をも愛します。なぜならわたしは父を“人”として表したからです。あなたたちがわたしを知るならば、あなたたちはわたしの父、すなわちあなたたちの父をも知ることになるのです。

父の愛は天球の音楽のように流れ出で、それに心を開くすべての魂の中へと入っていきます。

すべての人が幸せを求めていますが、外に向かってそれを探し出すことができる人は誰もいません。内なる目覚めを通してのみ、このリズムの喜びの力を感じることができるのです。