講話番号順に表示 新規投稿順に表示

あなたたちがキリストの内にあって強くなるとき、あなたたちの心は平安となり、慈悲と愛に満ちています。わたしが父を知るように、あなたたちも父を知りなさい。わたしは父を、すべての父の愛を、すべての栄光を、すべての慈悲を、すべての智恵を、すべての力を人格化して現しているのです。このようにわたしの意識の内に知ることによって、すべての人に真理が明らかになるのです。

父はあらゆることをわたしに話されました。父以外は誰も子のことを知りません。子以外に誰も父のことを知りません。わたしのところに来なさい、わたしはあなたたちに安らぎを与えよう。

わたしの軛(くびき)は快く、わたしの荷は軽い。静かなときにわたしと共に考えなさい。なぜならわたしは常にあなたたちと共にいるからです。

日々の仕事から離れ、静寂の中に入り、わたしと共に考えなさい。わたしは常にあなたたちと共にいます。あなたたちは、あなたたちを通して“わたし”が現れているのを感じるでしょう。あなたたちは慰められ、喜び、永遠なるキリストの“臨在”に満たされ、立ち上がるのです。

今やあなたたちは「わたしは霊である」と語ることを学んだ以上、霊のみが創造するということを知りなさい。

すべてのものを創造するのは、あなたたちの内なる大神霊です。神の強大な想いは、知れば知るほど偉大です。しかし、感覚がこのことについて、あなたたちに明らかにすることはありません。あなたがたの目に見えるものよりも、目に見えないものの方が現実的であり、目に見えるものはすべて目に見えないものから来ているのです。大神霊、目に見えないもの、これこそ命を吹き込む力であり、すべての形を存在にもたらしています。大神霊は、自ら造るものに自らが成ることによって、ものを造ります。大神霊はそれ自体、完全です。大神霊こそすべてであり、すべては大神霊なのです。

大神霊の一部分を、他の部分から切り離すことなどはできません。顕在化している大神霊が、顕在化していない大神霊から切り離されることなどはないのです。あなたたちの内なる命が、神の命から切り離されることなどは、決してあり得ません。

人類はこの知識においてはまだ幼き段階にいます。しかし多くの者が“わたしはある”という一つの命の衝動を感じ始めています。

わたしのこれらの言葉は、影の背後にある“実在”を解き明かすためのものです。わたしが感じていることは、あなたたちもわたしの話に耳を傾けている間に、あなたたちも感じるようになるでしょう。こうして、あなたたちは“わたし”について学んでいきます。“知るということ”を実感するまでこれらの言葉を学びなさい。

ある人の想念から他の人の想念へ、またはある人の意識から他の人の意識へと伝えるテレパシー通信とわたしたちが呼んでいる方法があります。あなたたちの世界で、遠くの人と直接、話すための通信する手段があるのと同じです。