講話番号順に表示 新規投稿順に表示

人生には恐れる必要があるものなど何もありません。すべてのすべてを父に委ね、忍耐強くありなさい。多くの人びとはあれこれ恐れますが、それは内なるキリストに気づいていないからなのです。

もしあなたたちが、恐れで満たされていると、それが原因となり、迷ってしまいます。そのためにあなたたちは、しばしば間違ったことをしてしまい、それがあなたたちの自分の生活に影響を及ぼす可能性があります。しかし、それは大したことではありません。なぜなら、命こそが唯一の実在であり、最終的にはすべての物事が正しい方向に動いて行くからです。

しかし、もしあなたたちが恐れることなく希望を抱いているならば、父はあなたたちの内にある所定の父の座に着き、わたしも父と共になり、あなたたちを即座に自由にするでしょう。

知りなさい、あなたたちは神の中に生きており、神はあなたたちの中に生きているのです。神がおられないところなど、どこにもなく、神の外側などないのです。この真理を本当に理解したとき、あなたたちはいつどこにいても、常に安心なのです。

ああ、神はあなたたちの中に生きておられ、あなたたちを通して生きておられ、父ご自身であり、父の意識であり、父の命であり、父の知性であり、父の知恵の中で絶えずご自身をあなたたちの中に、そしてあなたたちを通して表現されている方であることを、わたしはあなたたちに理解させてあげたいと思っています。もしあなたたちがこの素晴らしい真実に目覚めるならば、父がいない場所はないことを知るでしょう。彼は遍在であり、至る所に臨在されています。あなたたちがどこにいようとも、父はそこにおられるのです。

力の秘密はあなたたち自身の意識の中にあります。なぜならば、神の意識、神の知性があなたたちを通して自己を表現し、あなたたちを神の息子・娘にしているからです。

五官六根を静めなさい。そうすれば内なるキリストがあなたたちの身体を支配します。五官六根が活動的なときは、内なるキリストは沈黙しています。

恐れるべきものは何もありません。忍耐強くありなさい。あなたたちのために語ってくださることを父に委ねなさい。わたしたちの内にいます父が語られるのです。わたし自身は無ですが、わたしの内に住まわれ給う父はすべてのすべてです。父はわたしを知っており、わたしは父を知っています。わたしが父を知っているからこそ、父はわたしの中で、またわたしを通して語られるのです。このようにしてわたしは、父の平和と父の愛、父の癒しと父の英智をもたらすのです。

父は常にわたしの中の父ご自身をあなたたちに明らかにされています。なぜなら「わたしは命です」だからです。「わたしは命です」―― これが世の初めにあった言葉なのです。

多くの人びとが“わたし”を人類の救世主として受け入れることを拒否してきました。しかし“わたし”は命であり、唯一の実在である父の命が子の中にあるのです。