講話番号順に表示 新規投稿順に表示

キリストは、五官六根や自分の外部のモノに反応して語ることは決してありません。キリストは常に神から語っています。外なるモノを静めるにはこれも学ばなければなりません。静かなる声がするのは、人の手で造られたのではない、神ご自身による神殿の中です。

ぶどうの木の枝に良い実を実らせるために、父はぶどう園で働き給う。わたしと共にある者、またわたしが共にある人びとは、豊かな実を結ぶでしょう。

もしあなたたちがわたしにとどまり、わたしの言葉があなたたちにとどまるならば、あなたたちの求めるものは何でも実現するでしょう。

あなたたちは、わたしが言ったことの大きな意味をまだ理解していません。キリストは決して懇願しないし、要求もしないし、命令もしません。キリストはただ現れます。なぜならキリストは、仕事をするのは父であることを知っているからです。

父がご自身の内に命を持っておられるからこそ、子も自らの内に命を持っているのです。父は今や、ご自身の内なる永遠の命を子に与えます。父の内なる命とまさに同じ命がそのまま子の内なる命となっているのです。

このようにしてあなたたちは豊かな実を結び、わたしの弟子となり、父は栄光を受けられるのです。

あなたたちがこの愛にとどまることができるよう、父がわたしを愛し続け給うようにわたしもあなたたちを愛し続けています。

わたしの愛にとどまることがすべての幸せの秘訣であり、それがなければあなたたちの人生は不毛です。

キリストが心に宿っているとき、そこには愛と智恵と力があります。あなたたちを悩ますものは消え去ってゆきます、なぜならキリストがすべてを克服するからです。

この中で、あなたたちの喜びは満ち溢れるでしょう。あなたたちがわたしを選んだのではなく、わたしがあなたたちを選んだからです。