講話番号順に表示 新規投稿順に表示

キリストを信じる者は、肉の衝動や人の衝動ではなく、神から生まれた者です。地上のいかなる者も「わたしの父」と呼んではなりません。あなたたちの父は天におられる父だからです。

神の子である“わたし”は、創造的な計画の中で、わたしが占めている位置を知っています。そして、創造の過程で願ったものは何であれ、それ相応の役割を占めることになります。なぜなら、わたしがすべてのものを支配していることを証明したからです。もしあなたたちがわたしを信じ、わたしの言葉を実行するならば、あなたたち自身もこれを証明することができます。

もしあなたたちが、意識的にこれを意識しているならば、あなたたちは「命そのものの隠された秘密」を手に入れたことになります。

自分自身の意識において、神の命に気づき、現すことによって、神が顕現する道ができます。あなたたちの意識は、神がご自身を顕現されるための連結点であり、あなたたちが、あなたたちの内なるキリストという神を表現するための連結点なのです。

真の祈りの価値を評価することはできません。霊的な真実を言葉で表現することなどはできません。自分の重荷を外の神に負わせ、疑問を感じながらその結果を待つというようなことはしてはなりません。なぜなら神はあなたたちの内におられ、祈りと答えは一体だからです。

わたしはあなたたちが、一日のうちのいくらかの時間を割き、(内なるキリストの)無言の成長の一時(ひととき)に充て、あなたたちの全体の存在に静けさと調和をもたらすことを望んでいます。これは、社会問題や戦争の噂などの騒音に囲まれたあなたたちの日常生活の中では、きわめて大切なことです。

そのような極端なことは避けなければなりません。自分と父の間にはいかなる分離もあり得ないという真理を本当に理解し、それによって現れる生き生きとした静けさを心の中に保ち続けなさい。

心の中で言いなさい、「わたしの中にとどまっているのは父であり、父が仕事をなされているのです」と。これによって、あなたたちの個の意識は、全宇宙に遍満し給う神の意識と直結されます。

祈りの力は、祈りと答えが一つであるという事実にあります。自分と父とは一体であり、父のご意志は自分の中で行われるという深い理解をもって祈ることです。神が宿り給うあなたたちの内なる神聖なる中心に入りなさい。そこでわたしはあなたたちのために宣言します。

愛を求めるな!愛を与えなさい!これこそが霊にとって、真の栄養となるのです。どこであろうと、愛があれば、憎しみも妬(ねた)みも嫉妬(しっと)も消え去るからです。