講話番号順に表示 新規投稿順に表示

この状態は、誰かが勧めるような“空白”になることや、また別の誰かが勧める“無”になることではありません。また、理解もなしに、意識に受容を強いるような緊張状態でもありません。

そのような極端なことは避けなければなりません。自分と父の間にはいかなる分離もあり得ないという真理を本当に理解し、それによって現れる生き生きとした静けさを心の中に保ち続けなさい。

心の中で言いなさい、「わたしの中にとどまっているのは父であり、父が仕事をなされているのです」と。これによって、あなたたちの個の意識は、全宇宙に遍満し給う神の意識と直結されます。

あなたたちがわたしに気づき、わたしの命の永遠性を理解するとき、わたしはわたし自身の真の本性を現します。わたしの命が永遠であることを理解することは、あなたたちの中にキリストが現れるということです。天にも地にも、これ以上の力はありません。天においても地においても、すべての力が“わたし”に与えられています。これこそがわたしの真の姿であり、神の愛の現れなのです。わたしの命の生気溢れる臨在が、常にあなたたちと共にあること、これがあなたたちにとって何をもたらすことになるのか、心の中で考えてみなさい。この悟りの中に栄光と平安があります。

肉体を超えた人びとも、まだ生きています。肉体から離れていないと思っている者もいますし、まだ夢を見ている者もいます。しかし、すべての者が、一切の中にご自身を永遠に表現されている生ける神の真理に目覚めていくのです。神の顕現は永遠であり、永遠に臨在し、あなたたちの内なるキリストを紐解いているのです。

このようにキリストを現すことは、あなたたちとあなたたちが接触するすべての人にとって、極めて有益な結果をもたらします。なぜならキリスト、すなわち内なる神の力は、自然に現れる以外になく、一切の不調和は静かに溶け去ります。なぜなら不調和は、あなたたちがそれを信じないかぎり、もはやあなたたちに何の影響も与えないからです。

あなたたちの考えでは、わたしをあなたたちとはまったく違った存在だと考えています。聖書の中で2000年前に起こった歴史を読むとき、わたしのことを過去の人物と考えます。しかしわたしは、常に、あなたたちと共にいます。同じ神の霊が一人ひとり、すべての魂の中におられるということを忘れてはなりません。そして、父の御心を行う者は、わたしの母であり、姉妹であり、兄弟です。

わたしの内におられるのも、あなたたちの内におられるのも、同じ神の霊です。この真理を理解し、悟ったときに、同じキリストがあなたたちの内にも現れるのです。なぜなら、あなたたちにも一切を支配する権能が与えられているからであり、“わたし”を信じる者はさらに偉大なことを行うでしょう。

「わたしはある」は、心のもっとも内奥に実在している霊意識のことです。キリストの意識は神の意識であり、子の中に現れている父です。

あなたたち一人ひとりの生活の中にこの真理の力が露わになるように、この真理を堅持しようとしなさい。あなたたちは意識です、命です、それに気づきなさい。それはあなたたちの生命・生活・生涯において、もっとも重要な、もっとも支配的な要素となるのです。