講話番号順に表示 新規投稿順に表示

時間は存在しません。わたしはかつて存在したようにいま存在しています。今後もずっと存在します。この悟りの中で、あなたたちは自分も全能者の生ける現れであることを忘れてはなりません。なぜなら父はあなたたちの中で常に働いておられるからです。

あなたたちの中に存在している神の力はわたしの中にあるものと同じです。あなたたちの意識が神の大いなる意識に広がっていくとき、あなたたちは「わたし」を知るようになるのです。

キリストの声は恐れを知らず、万能です。キリストは征服者であり、今後も征服していきます。 キリストがすべてのものを支配するのは、神の律法だからです。

十字架という象徴は、人の内なるキリストがこの世に来て打ち勝つということ、すなわち、人の手によって造られたのではない神殿(肉体)での目覚め、献身、誘惑、磔刑(たっけい)、復活、昇天です。これこそが征服者、キリストです。この段階についてはすでに説明しましたので、もう一度説明する必要はありませんが、もしあなたたちが私の言葉を再読するならば、あなたたちの内なる御霊が、真実をさらに明らかにするでしょう。

あなたたちが(キリスト)を明らかにしていくと、あなたたちの心の内奥に秘された部屋にある秘密を、御霊があなたたちの意識に解き明かしていきます。わたしは命です。わたしは真理です。わたしは道です。誰でも、わたし、すなわちキリストを通してでなければ、父のところに行くことはできません。それ以外に道はありません。どんな道もなかったのです。

キリストとは神の言葉であり、神であった言葉、神と共にあった言葉、肉となった言葉である。

このキリストこそ、あなたたちの実在の真我であり、父なる神がご存知のあなたたちです。あなたたち自身がそのことを知らなくてはなりません。

肉体感覚の声は影の声であり、分離や限界、病気や死をささやくサタンの声です。万物の父である神の独り子であるキリストを堅持しなさい。

サタンを恐れてはなりません。恐れるものなど何もないからです。ただ次のようにいえば良いのです。「煩悩であるサタンよ、去れ。わたしは神の子であり、人の子である。わたしは征服者である。わたしは自分で生きているのではなく、父によって生きているのである。父は常にわたしと共にあり、わたしを導き給う」と。

わたしがこれらのことを語ったことで、あなたたちはわたしの中で安らぎが得られるでしょう。この世においてあなたたちは苦難を経験するでしょう、しかし勇気を持ちなさい。わたしは世に打ち克ちました。あなたたちも世に打ち克つのです。