講話番号順に表示 新規投稿順に表示

わたしは命です。わたしを信じる者に死はありません。たとえ死んでも、生きるのです。なぜならわたしはあなたたちの内なる命だからです。わたしを信じる者には永遠の命があります、ゆえに死はありません、わたしがあなたたちの中で生きているからです。

それはありとあらゆるものの内なる霊と同じものです。大海の一滴のしずくが大海全体と同じ性質であるのと同じです。わたしは、ありとあらゆるところにいます。

悟りと愛によって、あなたたちはすべての魂に宿るキリストの中に入るのです、そこに「わたし」がいるからです。

あなたたちは、わたしがかつて語った「わたしは、いつも目の前に主を見ていた。主がわたしの右におられるので、わたしは決して動揺しない」という言葉を聞いたことがあります。

あなたたちが神と人が一つであることを本当に学ぶのは、なんと遅いことでしょう。あなたたちは自分の限界を捨て去ることを恐れています。まるで子供のように、おもちゃ、壁、仕切り、教会、礼拝堂、シナゴーグ、モスクにしがみついています。ああ、あなたたちを皆、わたしの翼の下に集め、万物の内なる唯一の命を見せることができたらどんなに良いことか。

あなたたちは、神はすべての命であり、この命は見えても見えなくても完全な愛であることを学ぶのに、なぜこれほど時間がかかるのかと、しばしば不思議に思っています。それはあなたたちが、内からではなく、外からその真理を把握しようとしているからなのです。

あなたたちは皆、失ったらどうしようと恐れているものにしがみつくのがなんと好きなのでしょう。自分の命を保つものはそれを失い、自分の命を投げ出すものはそれを得るのです。

わたしはキリストから語っています。これまでも、常にそうしてきました。そのために、外なる世界のみに生きている人びとにとっては、わたしの言葉は奇妙に思えたのです。何百万もの人びとがいまだに束縛の中にいます。しかしわたしの扉は、いつでも、誰とでも食事ができるように、すべての人びとに開け放たれているのです。

サタン(悪魔)がその道を塞(ふさ)ごうとしています。サタンとは偽りの人格であり、(五官六根という)感覚であり、すべての人が克服しなければならないものです。

五官六根によるこの錯覚は、真の霊的意識の実現を妨げる唯一の障害です。なぜなら、天国はあなたたち自身の内にあるからです。わたしは2000年前と同じ命です。モーゼとエリヤはわたしが地上に現れる2000年前にいましたが、その命は万物に現れている同じ命でした。わたしはアブラハムの前にいるのです。