講話番号順に表示 新規投稿順に表示

なぜなら、あなたたちの祈りは、“愛の黄金の沈黙”が広がる心(ハート)の内奥においてのみ、真に聞かれるからです。

ゆえに、外に属するものはすべて外に残し、無我となって解脱し、この上なく清らかな想いをもって、あなたたち自身のハートから“神のハート”の中に入って行きなさい。

忘れないでください。あなたたちの“清らかさ”は「神のキリストである“わたし”」の中にあるのです。

赦しを求めるときは召使(めしつか)いのようにではなく、子が親に赦しを求めるようにしなさい。子は、子を愛するハートによって、その赦しはすでに与えられていることをよく知っているのです。

「弟子は何回、赦すべきですか。7回ですか」と、ペテロは尋ねました。わたしの言葉は、「7の70回」と記(しる)されていませんか。それは永遠の赦しを意味しています。天の父はあなたたちが赦しを求めた瞬間、心の中であなたたちを赦してくださっているのです。それはあなたも同じであるべきです。

あなたたちの父は、あなたたちの心の中にあるものをご存知であり、何が必要かもご存知だからです。

ゆえに、心の中で次のように祈りなさい。

天にましますわたしたち父よ、御名が聖とされますように、御国が来たりますように。

御心が天におけるように、地の上にも行われますように。

日ごとの糧(かて)をお与えください。