講話番号順に表示 新規投稿順に表示

わたしが語っていることをよく勉強しなさい、そうすればあなたたちの目からベールが取り除かれます。人の子(キリスト)は、あなたたちが分離信仰を克服することを待っています。

自由はキリストの中にあります。しかしキリストは“永遠なる神の子”として、人類の中に生きています。この強力な力が、すべての存在を一つの家族として調和させます。一人ひとりすべての魂の内なる霊は、その存在の源を認識します。

この認識の中に自由があります。内なるものが外なるものに現れます。これが「御心が天になるごとく、地になりますように」ということです。

人は人によって、何度も何度も傷つけられます。人は己自身の愚かな行為によって十字架にかけられるまでは、神のキリストによる大いなる“絶対合一”に目を開くことはありません。

わたし自らが語っているのではなく、それはわたしの中に常に留まり給う父なる神、万生万物の父であり、万生万物である御方です。わたしの内におられ、わたしのために語られる御方です。父の中にある同じ命が、子の中にあります。

あなたたちの心(想念)からパーソナリティ感覚を追い出しなさい。そうすれば永遠に君臨する神の独り子の栄光を見ることになるでしょう。

パーソナリティ(人間、個性、性格)とは、ただ外側からつけられた仮面(ペルソナ)に過ぎません。パーソナリティにしがみつく限り、幻想の中に生きることになります。

多くの人がイエスのパーソナリティにこだわり、その結果、すべての人びとの内にある永遠なる“不滅のキリスト”を見いだすことができませんでした。それを告げるために、わたしは来たのです。そのために、あなたたちは“神のキリスト”が普遍的なものであることを知ることができます。

あなたたちの仕事は、キリストと協力して、あらゆる方法で癒やしの道となるようにすることです。

大神霊のみが“実在”であることに目覚めなさい。この大神霊が、あなたたちの魂と身体を活性化します。大神霊こそ、存在する唯一の力です。あなたたちは神の中で生き、動き、存在しています。そうして神は、あなたたちの中に生きておられます。神が、神ご自身を表現し続けておられるのです。この事実を完全に知るということは、あなたたちの人生において、もはや解脱を得たということです。これが“永遠の命の真理”への道です。「わたしは父のうちにあり、父はわたしのうちにおられることを、あなたたちは知らないのか」(ヨハネによる福音書14:10)