講話番号順に表示 新規投稿順に表示

あなたたちは、“無限なる感覚”があなたたちに定着することに圧倒されるでしょう。同時に、ありとあらゆる誤った観念や信念が、あなたたちの中から脱落していくでしょう。

あなたたちは、どのような経緯であなたたちの肉体から去ったとしても、同じ生きている魂です。あなたたちは、依然としてあなたたちです。そして、あなたたちが愛したすべての人びとの中に、これまで以上の愛、魅力、理解があることに気づくでしょう。愛の中では失われるものは何もないからです。

わたしは弟子たちにわたしの手や足を見せなかったでしょうか。わたしは、弟子たちが地上で知っていたわたしと、同じでした。しかしわたしは、自分が“神のキリスト”であったことをわかっていました。そして、この真理に目覚めることは、あなたたち一人ひとりのすべてに求められていることでもあります。なぜなら、これに目覚めることによって“気づき”がやって来るからです。この“気づき”は、無智が破壊することのできない“意識的な自覚”なのです。

無智は、あなたたちの内なる“真実”を曇らせます。大多数の人びとは、まちがった信念や観念、信仰のために、(真理を)学ぶのが遅いのです。

あらゆる誤りと無智とをきっぱりと捨て去り、「今“わたし”は存在している」という真理に、完全に没入しなさい。

あなたたちは今、これに完全に没入することができますか。あなたたちは生きている存在です。あなたたちの内に生きているのは“神の命”です。あなたたちは“生ける存在”として、神の外ではなく、神の内に存在しているのです。これを悟ったとき、“意識の拡大”が起こります。そして、永遠なる終わりのない存在、“実在”を覚(さと)ります。おお、あなたたちはこれがわかっているのでしょうか。これは今、あなたたちを解脱してくれるのです。

わたしの弟子たちでさえ、わたしが彼らのところに再び現れるまでは、十分には理解していませんでした。

久遠なる“神のキリスト”は、永遠に生きておられます。しかし彼らは、なかなか理解できませんでした。彼らはちょうどあなたたちのような人びとでした。しかし、キリストの御霊を通じて、彼らはわたしの使徒となったのです。

今でも、ここに集っているあなたたちの多くが、あなたたちに語りかけているのが“わたし”であることを、十分には理解していないことをわたしは知っています。

トマスもまた信じませんでした。彼もまた、信じようとする前に、わたしの手と足を見ようとし、わたしの脇腹に手を差し込みました。