講話番号順に表示 新規投稿順に表示

大多数の人びとは、死と呼ばれる体験を恐れています。しかし、この体験を通過してしまうと、自分は生きて呼吸をしており、しかも以前よりも生き生きと、魂で呼吸をしていることを発見します。なぜなら呼吸をしているのは、肉体ではなく魂だからです。

死は、神の中で成長し、花を咲かせるキリストが、より大きく広がるための入口に過ぎません。あなたたちは、生前よりも生き生きとした魂の呼吸によって、自分が生きていることに気づくとき、圧倒されます。そのときただ一つ願うことは、愛する人びとのところに戻り、あなたたちが発見した栄光のすばらしい真実を伝えたいということです。

多くの人びとがあなたたちのもとに戻ってきたのですが、あなたたちの耳は聞こえず、あなたたちの目は見えないのです。すべての人は皆、同じ経験を経なければならないことになっていますが、すでに死と呼ばれる体験をした人びとにとっては、これは喜びなのです。この喜びはすべての人びとが経験するものですが、肉体感覚(五官)の理解を超えたものです。

魂が肉体を超越して呼吸しますので、あなたたちは“命”が自由無礙(むげ)であることを、より意識するようになります。

身体(肉体)は“霊”の神殿です。“霊”の命は永遠です。あなたたちは、自分が真実だと思ったことが、すべて現実になることを発見します。

あなたたちは心(想念)の中で、愛する人と再会することを思い描いたことがあり、そうすると、面と向かい合うことがある、と知っているでしょう。まことにあなたたちに告げますが、これは本当に起こっていることなのです。あなたたちを傷つけた人でさえ、またあなたたちの無智のために傷つけてしまった人もまた、再びあなたたちに会い、喜ぶのです。

これが永遠なる“霊”の法則であり、キリストの顕現です。意識がこの内なる“命”を意識するようになると、意識の中で変化が生じます。そして、(地上での)それらの憎しみはすべて消えてしまいます。ゆえに、あなたたちは地上にいる間にこのことを理解しておくことが賢明です。

無智に生まれ、無智のままに死んでいく者もいます。しかし今や、それはあなたたちの運命ではありません。霧は溶け去り、“神のキリスト”の美しさは残ります。

わたしが“神のキリスト”の話をするとき、あなたたちが“キリスト”の意味を理解し始めていることが、わたしにはわかります。それは偉大なる“神聖な神の人”です。キリストは、すべての人間の魂を内包している“地上の神の人”です。一つの身体の中に細胞が存在しているように、あなたたち一人ひとりが“神のキリスト”の中に存在しています。神の種があなたたちの中にあり、それは必ず生長し、成熟します。

かすかに、おぼろげながら真実だと考えていたことが、本物の“現実”になったとき、これ以上の喜びはありません。あなたたちは、何も失っていないばかりか、新たな悟りによって、すべてを獲得することができることに気づきます。