講話番号順に表示 新規投稿順に表示

過去のすべての記憶は洗い流されていますが、これらの経験によって、彼らは神の愛を知るようになったのです。心(ハート)が父なる神の愛の美しさに歓喜するように、魂もそのすべての栄光の中で、花を咲かせるのです。

人の内なる大神霊は、永遠に続く愛と幸福という「“神の命”の真理」に目覚め続け、その真の本質である“愛”を、喜びをもって自ら顕現し続けているのです。

“実在”(わたしはある)の真理が心(想念)の中で紐解かれて来ると、人は宗教の制約された形式という分離を捨てることになります。そのとき、真理は一つ、神の民は一つ、一人の羊飼いと一つの群れがいるのみとなり、すべての人びとが“わたしの声”に傾聴するようになります。

あなたたちに敵対しているように見える、あなたたちを取り囲んでいる闇は、“わたし”があなたたちの中で成長するための手段なのです。怖れてはなりません。“わたし”は一切を征服する者だからです。

ゆえに、悲しみや困難に遭(あ)ったときには、それらに対して喜びをもって挨拶(あいさつ)しなさい。なぜならあなたたちは、“わたし”の中で、それらを通して、それらを克服することによって成長するのです。

神の考えは神の言葉であり、わたしはその言葉です。肉の中に生まれ、そこに花を咲かせ、肉から生じ、生長して父と共に永遠に生きる、これが全人類の歩む道です。

ゆえに“わたし”は、いつもそうしてきたように、本性という最奥の次元に現れます。わたしの根源は“神の永遠なる想い”の中にあります。

初めに言葉があり、言葉は神と共にあり、まさにその言葉は神でした。その言葉は肉となり、肉から生長し、肉に打ち勝ち、世に打ち勝ったのです。“キリスト”はこのように生長し、神の似姿となって花を咲かせていきます。なぜなら、キリストとは世に打ち勝つために、世に植えられた神の種だからです。

“わたし”は、本性という最奥の次元に現れます。わたしは死は存在しないことを知っていました。なぜなら、死は人間の限定された心(想念)の中にのみ存在しているからです。あなたたちが“永遠の命”というすばらしい真理を把握することができるとき、その命は、死と呼ばれるものによって影響を受けることはありません。

“命”は死と呼ばれる経験によって中断されることはありません。しかし、御霊の啓示によって、肉の障害から解放されることがあります。