講話番号順に表示 新規投稿順に表示

あなたたちの多くが、お互いに別々な、また、わたしともまったく別な個人であり、他人の困難や苦しみは、まるで自分の外にあるものかのように(自分には無関係なものと)みなしてきました。

わたしはあなたたちの重荷をすべて背負うことができるのです。なぜなら、わたしの父がわたしを世話して下さることを知っているからです。また、もしあなたたちが疲れていたならば、わたしの父は、わたし同様に、あなたたちを世話して下さるのです。

父は“わたし”にあらゆる状況を克服する力を与えられました。この力はあなたたちの中にも現れています。それゆえに、他人を、自分と“わたし”から離れているとみなすことなく、人類全体の中にいる“わたし”を感じなさい。“わたし”を感じなさい、そうすれば“わたし”のことがわかります。あなたたちが他の人に行うことは、“わたし”のために行うことなのです。

それゆえに、あなたたちが“わたし”を知り、わたしの父はあなたたちの父でもあることを知るときには、“神の愛”のために物事を行っても、疲れることなどないのです。

成された仕事の偉大さではなく、そこに発揮された“愛”をこそ尊重しなさい。

多くの人びとは、自分の業績を見て、自尊心をもって、「わたしはこれを建てた、あれを建てた。これを作った、あれを作った」と言うでしょう。しかし、誰も、神から離れて何かを創造するということはありません。なぜなら、そうする力を与えたのは神だからです。神は本来、無限ですので、神の他には何もありません。

ゆえに、力の源は“愛”であり、それは内なるキリストを通してもたらされるものであることを認め、成された仕事ではなく、それを行わせた“愛”を最も大いなるものと見なしなさい。あらゆる物事が過ぎ去りますが、“愛”は永遠に残ります。

あなたたちの心(想念)はあなたたちの魂の鏡であり、たとえ苦しみの中にあっても、あなたたちがいつも父の臨在の中にいることを知り、より強くなっていくのです。

あなたたちの心(ハート)と想像力は、密接に関係しています。あなたたちの心の中にあるものは、あなたたちの想像力が再現します。

わたしがあなたたちに与えているこれらの講話は、あなたたちの心(ハート)を、すべての“命”の源へと近づけています。