講話番号順に表示 新規投稿順に表示

あなたたちの意識が、わたしの制約のない本性に気づくとき、そして、この制約のない本性を、あなたたち自身の中に発見するとき、あなたたちはわたしと同じように、心の内から「わたしと父は一つです」と言うことができます。“実在”である根源を認識し、すべてのものの中に同じ根源があることを知り、父の本質であるこれらの内的な領域に入ります。それゆえに、わたしはあなたたちの中で、あなたたちを通して働くのです。

あなたたちは今、このわたしの思い、わたしの言葉に対して、魂の奥深くからの関心を持ちなさい。わたしの言葉はあなたたち自身の一部となり、あなたたちの人生の中に平安、調和、喜びをもたらすでしょう。

あなたたちの想念の中で、多くの“キリスト”の力が、あなたたちの頑固(がんこ)な信念や信仰のために、自分自身を現すことができずに閉じ込められています。

心(想念)がどんなに縛られているかを知るには、信念や信仰に凝り固まった心(想念)を覗きさえすればわかります。これこそまさに、世にキリストが現れるのを妨げている無智であり、分離と対立の原因となっています。

これは何と真実なのでしょうか。幼児期でさえ、心には制約された信念が詰め込まれ、それ以降、子供たちは信念や信仰によって(子供たちの内なる)“キリスト”を窒息させながら大人へと成熟します。そうして、魂が自分自身の内なる力を認識し、覚醒し、初めて魂は自由になることができます。そのとき、その魂はこれらの制約された信念や信仰や他人の考えを投げ捨て、もはやそれらに縛(しば)られることはなく、初めにあった御言葉を自由に表現するようになります。

わたしが世にやってきたのはまさにこのためです。すなわち、制約に縛られたすべての人びとを解放するためです。ただ父にのみ顔を向けなさい。父を通してのみあなたたちは自由となるのです。あなたたちの内なる父のみが唯一の権威です。他には何もありません。

花はその内に隠された力によって開き、花を咲かせます。同様に、人の魂は内なる“キリストの命”によって目覚めます。ゆえに、あなたたちの制約されたこざかしい妄想によってキリストの命を妨げてはなりません。

諸々の信仰によって目隠しされ、支配されてきた人びとにとって、自分の束縛を投げ捨てるということは、理解するのは簡単ですが、実際に行うことはなんと難しいことでしょう。彼らは自由を求めてもがきますが、自分たちの考えや信念や信仰が彼らを縛るのです。

全世界の男女の想念の中から、このような歪(ゆが)んだ信仰(信念)がきれいさっぱり取り除かれたとき、世界は“キリストの命”を本当に現すようになります。

地上での“生命”を経験し、地上を去ったあなたたちは、自分の凝り固まった信仰(信念)を捨てることが、どれほど困難であったかを知っています。あなたたちの中には、いまだにそれらにしがみつき、解放されることを求め、ジタバタしている人もいます。しかし、次第に(真相が)明らかになってくると、信仰(信念)のようなものは何もなく、ただ“知ること”のみ、分離することのできない神を知ることのみであることを発見していくでしょう。