講話番号順に表示 新規投稿順に表示

神の中に分裂はありません。ただ一つの“全体なるもの”が多数の中に自己を表現しており、神の意識が被造物一つひとつに現れており、神の被造物一つひとつが神の意識の中に存在しています。あなたたちの中心におられる神は万能です。

悟りを伴った信仰に乏しい者には、理性的に、首尾一貫させることによって、支援してあげなさい。

あなたたちの中で、自分が聖域で行っている崇高な仕事について気づいている人は、ほとんどいません。たまたまここに来ただけだと思っている人もいるかもしれません。しかし、こうしたことにおいて、偶然などはありません。以前にも言っていますが、あなたたちがわたしを選んだのではなく、わたしがあなたたちを選んだのです。

わたしが弟子たちに、秘かに秘儀(ひぎ)を教えたように、あなたたちにも同じようにします。

偶像は、単なる金や銀によって人間の手によって作られたものにすぎません。

あなたたちは、遠く離れたところから神を傍観しているのですか。もしそうであるならば、あなたたちは“実在”を自己の外に求め、五官による分離の中に生きているのです。あなたたちは、遠く離れたところに神を探しているのですか。自分自身に対して、この質問の回答をしなさい、よく考えなさい!

赤子が母の腕に抱かれ、横になっているように、あなたたちも“永遠なる愛の父”の腕の中にいることを感じなさい。そして、父が喜んであなたたちにして下さるままに委ねなさい。そうすれば葛藤(かっとう)はなくなり、神の力があなたたちの想念と心に満たされ、手は強くなり、想いは溌剌(はつらつ)と機敏になります。これこそが、常にあなたたちと共にある“キリストの力”なのです。

あなたたちが、あなたたちの想念の中に、何らかの考えを抱くとき、あなたたちはその考えに囚われます。それは、あなたたち自身の外側にある何かを見つめているのです。実在は考えの背後に在るものです。本当の“考える”とは、外部のものに影響されないで思考が成り立っている時のものです。これが考える人の本当の表現です。わたしの癒しの思いはあなたたちのところに出現し、その使命を果たします。

いつの日かあなたたちは、これらのことについて、もっと学ぶ日が来るでしょう。あなたたちは、不可視の世界を見える世界として見るようになるでしょう。そうです。あなたたちが今、認識している以上の生命の形態、すなわち、今のあなたたちには見えない神のような天使さえも見えるようになるでしょう。しかし、“永遠の大生命”はそれを超越しています。

堕落しきった、人間として最も卑劣な者、父に対してあらゆる種類の罪を犯したかもしれない人間であっても、自分の悪事のすべてを告白し、神の赦しを求め、神の慈悲に身を投げ出しさえすればよいのです。