講話番号順に表示 新規投稿順に表示

全能の神が個の生命として現れたものがキリストです。このキリストはあなたたちの中に、そして生きとし生ける魂すべてに臨在しています。キリストこそあなたたちの命、あなたたちの意識なのです。キリストによってあなたたちは生き、キリストによって永遠となり、キリストを通して救いを得るのです。

これこそ大いなる宇宙意識、地球全体を包んでいる内なるイルミネーション(光明)です。一人ひとりすべての人びとがこれを悟ったとき、地球全体が変容し、人びとは真理の具現を通じて無智の状態から脱却し、変容していきます。

個々の“内なる宇宙”が認識されたとき、まさにそれは宇宙になります。このようにして、個々の背後にある全体の命は、個々の命によって具現されていきます。

個別化した宇宙がキリストです。個の命はこれを受容していなければなりません。そうして個々人は、自分の背後に、人類全体の背後に、すべてが一つとなっている全体があることを知ります。なぜなら分離はないからです。これに完全に目覚めとき、人の中に神が現れます。

神の中に分裂はありません。ただ一つの“全体なるもの”が多数の中に自己を表現しており、神の意識が被造物一つひとつに現れており、神の被造物一つひとつが神の意識の中に存在しています。あなたたちの中心におられる神は万能です。

あなたたちがこのことを理解し始めると、あなたたちは自分を取り巻いている状況から意識が引き上げられ、生まれながらにして真にあなたたちが備えている権利である“内なる神のキリスト”に入っていきます。

そのとき、時間と空間に制限された世界から抜けだし、本来の“霊的自由”を得ます。

時間と空間は、全体性、無限なる完全性の認識に関して、常に障害となってきました。“無限なるもの”を受容するためには、時間も空間もあり得ないのです。

実在には始まりがなく、終わりもありません。実在は人間によって創造されたものではありません。人間は自分の意識の中で、時間と空間を創造しています。それは、時間はなく、空間もなく、始まりはなく、終わりもない全き全体性がわからず、認識をしていない幻想でしかありません。唯一なる全体があるのみであり、この全体が今、自己を表現し続けているのです。これが“実在”です。“わたし”は“実在”と一つです。“実在”は“わたし”と一つです。これが、すべてが可能となる“キリスト意識”の認識です。

パーソナリティ(現実の人間)を超えたところを見なさい、それは外に現れている現象でしかありません。あなたたちは、自己の外に真理、真実を見出すことはできません。あなたたちは、現実の自分や、周囲の人びとの現実を超えたところを見なければいけません。あなたたちは、決してパーソナリティの中に“真実”(真我)を見ることはできません。パーソナリティとは、境遇に対する個人の反応の結果でしかありません。