講話番号順に表示 新規投稿順に表示

あらゆる小川が海に向かって流れているように、すべての形あるものは、その発生の根源である“愛”という人智を超えた海に向かって移動して行きます。

全体(大宇宙の命)と個(小宇宙の命)は一つです。個において、これに気づくということは、個の成長の源泉である“無限の命”(大宇宙の命)は個の内にあり、それが個を進化させている ―― ということに目覚めることです。そうすると、あなたたちは、速やかにこれを自覚するようになり、あなたたち自身の霊的な進化が始まります。

“キリスト”とは、神の中の完成された人間であり、人間の中の神です。キリストは完成された作品です。神のすべての強大な力がキリストを通して現れ、天においても地においても、ありとあらゆるすべての力がキリストに授けられています。キリストはご自身で完全に完成されています。キリストは父の子であり、父のすべての属性を携えています。ゆえに、父の命は子に授けられ、子はその命を表現します。

父は唯一の方です――ご自身の被造物の中におられる父です。独立した存在でありながら、決して被造物から分離されることはなく、多数の中では本質的に不可分で、全体として完全であり、堅固です。

自分の五官を通じて物事を見たり、触って感じられるもの、それらをあなたたちは実在であると言います、しかしそれらは実在の影に過ぎません。実在とは内側にあるものであり、目に見えないものです。本質的なものは内的なものであり、外側にあるものは影です。

真理に対する無智のために、これまでなんと多くのトラブルがこの地上に降りかかってきたのでしょう。すべての人が真理に目覚めるとき、人は皆、大神霊を仰ぐでしょう。なぜなら大神霊こそ実在であり、外なる世界は内なる世界の現象化にすぎないからです。内なる世界がなければ外なる世界は存在しないのです。

「“わたし”は命である」という言葉の意味に目覚めるためには、まず第一に、「神は命であり、命は神である」ことが理解されなければなりません。そうすれば、「わたしは命である」という表現の中で、あなたたちは何を言っているのかを理解し、「わたしは命である」という言葉の意味を理解します。

“わたし”は命です。これらの言葉は真実であり、理解されれば、その表現には途方もない力があります。

“わたし”は神を中心とした命であり、愛と癒やしと知性の光をすべてを貫いて放射しています。

この知性は活動する知性であり、決して静止することはなく、常に活動的に“父のご意志”を表現しています。もし意識がこのことに気づかないと、それは外界の事象の中で彷徨(さまよ)い、それを理解しない想念の中で妄想となります。