講話番号順に表示 新規投稿順に表示

人類の身体(肉体)は、大神霊の美しい衣となるでしょう。そして、救いは一部のものではなく、人類全体のものであることをあなたたちに告げるために、わたしは再びやって来ます。そのためにわたしはあなたたちの中で働いているのです。

空には新しいエルサレムの到来を告げる徴(しるし)が現れています。

天界のすべての動きは“絶対者”の思考の現れです。あなたたちもまた、絶対者の思考の現れであり、したがって、あなたたちは“絶対者の愛と癒し”を具現しなければならないのです。

おそらくあなたたちは、“考える”ということの真の意味を誤解しているでしょう。

“考える”とは知的な概念でもイメージでもありません、たしかにそれらによって想念に道が開かれていくのではありますが。

“思考”とは、考える人そのものの現れであり、決して考えている人から切り離されるものではありません。それは、すべての形あるものと表現の背後にある創造的なプロセスなのです。

あなたたちが、あなたたちの想念の中に、何らかの考えを抱くとき、あなたたちはその考えに囚われます。それは、あなたたち自身の外側にある何かを見つめているのです。実在は考えの背後に在るものです。本当の“考える”とは、外部のものに影響されないで思考が成り立っている時のものです。これが考える人の本当の表現です。わたしの癒しの思いはあなたたちのところに出現し、その使命を果たします。

大自然における、無数の形あるものの世界のすべては、無限者によって、無限者の中に表現された、無限者の考えなのです。

外からどのように眺められようとも、愛こそ神のすべての被造物の背後にある力です。これらの被造物に授けられた神の特性は、そこにはありとあらゆるすべてが存在している“愛という中心の貯蔵源”に向かって動いています。

大自然の全貌を深く理解するとき、あなたたちは大神霊の現象化を見るでしょう ―― 鉱物、植物、動物、そして人間に現れている大神霊です。“キリスト意識”とは、霊がすべてのすべてであるという認識、人間の内なる“神の意識”のことであり、それを自覚することです。私は神の子であり、地上のいかなる者もわたしの父ではなく、天におられる父のみがわたしの父です。