講話番号順に表示 新規投稿順に表示

わたしがいう悟りを伴った信仰とは、こういうことです。悟りのない信仰は、ちょうど砂の上に建てられた家のようなもので、風や雨が来て打ちつけると、流されてしまいます。

真の信仰とは、悟りという岩の上に基礎づけられています。この悟りに基づく信仰こそが“真理”なのです。それは岩の上に建てられた家のようなもので、風や雨がやって来て打ちつけても、すべての猛攻に耐えます。 

この悟りを伴った信仰こそ、あなたたちにもってほしい信仰なのです。そして、あなたたちのところに来て飲む者に与えるものです。これ以上、喉(のど)が渇くことがないようにするものを飲ませ、永遠の命へと湧き上がっていく“命の水”の泉を与えなさい。

心を外に向けて自己を失ってはなりません、また、人の言葉や言説に囚われてもなりません。想念を常に永遠なるものに向けなさい。これこそが道理に適う確実な方法です。

多くの者があれこれの言葉であなたたちを悩ませるでしょう、また多くの人びとが、あなたたちのもとにさまざまな言説をもって来るでしょう。そのうちのいくつかは、わたしがすでに語ったことのあるものかもしれません。しかし、それらの言葉の意味を理解していないために、違った意味に置き換えてしまうでしょう。しかし、もしあなたたちの想念が、永遠なるものを保持しているならば、それが“わたし”を理解するための確実な方法です。

わたしの言葉を暗記しようとしたり、オウム返しのように繰り返してはなりません。それはあなたたちにとって、またあなたたちのもとにやって来る人びとにとってもほとんど意味がありません。必要な言葉は、まさに必要な時に与えられます。これが枯れることのない井戸であり、それを飲むならば、あなたたちはもう決して喉が渇くことはありません。

“キリスト”に目覚めたすべての者は、誰であろうと、全人類のために勝利を得たのです。

わたしはあなたたちが頻繁に祈り、多く愛し、今ここに与えられている栄光の機会を父に感謝することを勧めます。

父があなたたちに望まれることをなされるように、あなたたち自身を父の御手に明け渡しなさい。

赤子が母の腕に抱かれ、横になっているように、あなたたちも“永遠なる愛の父”の腕の中にいることを感じなさい。そして、父が喜んであなたたちにして下さるままに委ねなさい。そうすれば葛藤(かっとう)はなくなり、神の力があなたたちの想念と心に満たされ、手は強くなり、想いは溌剌(はつらつ)と機敏になります。これこそが、常にあなたたちと共にある“キリストの力”なのです。