講話番号順に表示 新規投稿順に表示

電気とは、“命”がある程度、現象化したものです。しかし、電気はいかなる場所にも存在します。電気がない場所などありません。あなたたちはそれを引き寄せ、動力や光として、またその他多くの用途で活用しています。

わたしたちは、今日、世界で多くの発明が行われていることをよく知っています。あなたたちの科学的精神は、“神の叡智”が表現されつつあるチャネルです。なぜなら、地上の人類はあらゆることを知らなければならないからです。あなたたちは事物の背後にあるものを理解し、見ることになり、本来、完璧であるあなたたちの神聖なる性質を、次第に自覚するようになっていくでしょう。

そうした認識が得られるならば、わたし、すなわち普遍的な人間、そして普遍的な人間を介してすべての人類は、お互いに理解しあわなければなければなりません。なぜならその関係は兄弟になるからです。

わたしは人の子であると同時に、真実、神の子です。それは、神と人の偉大なる一致として、十字架によって明らかにされています。死は神の子には決して触れませんでした。なぜなら、神はキリストであり、死に打ち勝っているからです。

キリストが肉において死ぬのは、御霊にのみ生きるためです。“わたし”は永遠に父と共に生きており、“わたし”を信じる者は同じようにします。

父と共に生きるためには死ななければならないと思ってはいけません。なぜなら、あなたたちは今、父と共に生きており、父のうちに生きており、父はあなたたちのうちに生きているからです。もしあなたたちがこの言葉を理解することができるならば、分離も死もないことがわかるでしょう。

父は本質的に無限です。無限であるためには、ありとあらゆるすべてを含まなければなりません。そうでなければ無限ではありません。父はあなたたちの中にも存在しなければならず、あなたたちも父の中に存在しなければなりません。そうでなければ、あなたたちは生きることができません。父の外には何もなく、父は父ご自身で完全であるからです。

あなたたちは、父によって、父の中に創造され、父の中で生きています。あなたたちの内なる命は永遠です。なぜならあなたたちの命は父の命だからです。“わたし”と父は一つです。

あなたたちの意に反して、あなたたちを傷つける力はありません。

己自身の無智という暗闇に囚われた魂の住むアストラル界の森へとわたしが入って行ったのは、そのためでした。