講話番号順に表示 新規投稿順に表示

あなたたちの内におられるキリストの偉大さを把握し尽くすことはできません。なぜならキリストは、人の魂の内なる神の臨在を、常に絶えることなく展開しているからです。

世のすべての生ある魂の内に神は臨在されています。そしてキリストは、常にこの臨在を紐解かれているのです。

キリストは虚偽と真実を識別します。またキリストは過ちを正します。過ちは正されると、その状態は消えてしまいます。キリストは、神と人の仲介者であり、神を理解し、人を理解しています。キリストとは、大神霊ご自身が現象の世界に個性化したものだからです。

あなたたちの内で個性化された父が、あなたたちの内なるキリストなのです。それゆえに、キリストは神を知り、人を知ります。キリストは肉の弱さを理解し、世の苦しみを理解しています。あなたたちが自己の内なるキリストの本質に到達するまでは、“人類におけるキリスト”の意義について、決して理解されることはありません。

このことについて、あなたたちはなお多くのことを学ばなければなりません。あなたたちが“自我の消滅したキリスト性”に到達して初めて、人類の罪を贖(あがな)う十字架が何を意味するのか、その完全な意味を理解することができるのです。

「“わたし”は在る」が“普遍的人間”です。そしてこの“わたし”の中に、すべての人びとは、彼らと彼らの関係する人びととの真実の人間関係を発見するでしょう。

わたしたちは皆、一人の父から生まれています。そうした理解をもって成長していくことによって、自己の内なるキリスト性の完全さに到達します。こうして幻想の世界から解放されるのです。

わたしの声、この知識、この真理は、あなたたちのみならず、ここにいる肉眼には見えない多くの霊によっても聴かれています。なぜなら分離はないからです。唯一の分離は人間の想念の中にあります。“実在”には分離はありません。

“わたし”は葡萄の樹であり、父はその樹の中に流れている樹液、そしてすべての人類はその樹の枝なのです。

多くの枝がある一本の樹、しかし、そのすべての枝にあるのは唯一の命です。あなたたちが電気と呼んでいるものについて比喩を使うのと同じように、わたしはこのように比喩を用いました。