講話番号順に表示 新規投稿順に表示

手を伸ばしてこの命の木をしっかりとつかみなさい。それは永遠の命へと変容させていく生ける水の泉だからです。

世のほとんどの人びとは無智なままに生きてきています。偏りなく、完全に、生きてきたわけではありません。これが、世の多くの病気の原因となっています。

しかし、苦悩を通じ、体験を通じて、霊的な自己(真我)を悟っていくことは、それらがなかったよりも、良いことなのです。なぜならそれらは、あなたたちの悟りを助けるのにふさわしい世における親切な悪であり、あらゆる偽物を見抜くことによって、キリストの力を開発するからです。

何があなたたちを苦しめようとも、どんな状況になろうとも、恐れるものなど何もありません ―― キリストはすべてに打ち勝ちます。これがあなたたちの力、あなたたちの内にある神の力です。それは世の初めからあなたたちの中に在り、体の内にあっても外にあっても、永遠に変わらない創造力です。このように、天においても地においても、すべての力があなたたちに与えられているのです。

あなたたちは肉体によって縛られているのではなく、悪の力を信じることによって、想念によって縛られています。命の木をつかみなさい。それによってあなたたちは自由になるのです。

命の木によって、まだ開発されていない者も目覚め、神と人の中にある唯一の創造力である“わたしはある”を学びます。「わたしは命である」

人は皆、真理に目覚めます。しかし、心が清くなるまでは、真理は全面的には明かされない方がよいのです。

人の内なる創造力は本当に強大です。そのため、意識がその力に気づくときには、その行動を導き、指示する愛がなければなりません。

“愛の神聖なハート”は、あなたたち自身のハートと一致して鼓動していなければなりません。あなたたちが真理に気づいているとき、真理は努力することなく自ずと現れます。多くの人びとは開発されてきても、真理に対して無智であり、そのために自分自身で病気や困難を生み出してしまいました。

しかし真理を知り、こうした困難は絶対的なものではないと見極めたとき、キリストはそれらすべての上に立ち、あらゆる不利な環境や条件の排除者となります。