講話番号順に表示 新規投稿順に表示

今後、数年の間に、科学上の大きな進歩が世界にもたらされるでしょう。その多くは人類を向上させます。しかし、地上の人間を傷つけるためにも使用されるでしょう。

ここでもまた大神霊の導き、すなわち心の清さがないままに、知性が用いられてしまうのです。

世はいまだに“善悪の知識の木”の実を食べています。人類は“命の木”(内なるキリスト)をしっかりと摑(つか)んだときに、初めて救いが訪れるのです。

わたしは以前にもこの問題を扱い、あなたたちの多くは、それを理解していることを知っています。善も悪も“実在”ではありません。“実在”には善も悪もありません。“実在”はそれ自身で完璧であり、完全です。ある人にとっての悪の基準は、他の誰かにとっては善になり、逆にまたある人の善の基準は、他の誰かの悪になります。人が考えることは相対的なのです。

あなたたちが何らかの物事について、自分が考えていることを詳細に検討してみるならば、そうしたものは自分の外にあるものであり、あなたたちにとって相対的なものであることがわかります。あなたたちが何かを善、または悪と呼ぶとするならば、それらはあなたたちにとって相対的なものであることがわかるでしょう。あなたたちは、自己の内なる力によってコントロールされ、導かれていることを知りなさい。その力は、善でもなく悪でもなく、それ自体で完全なものなのです。これこそが“神のキリスト”です。

善も悪もあなたたちの想念の産物であり、物事に対してあなたたちが考え出したものです。これが“善悪の知識の木”であり、無智のままに死にたくなければ、その実を食べてはなりません。あなたたちが“命の木”をしっかりとつかんだとき、すなわち、心の最奥での真理の知覚が、あなたたちの救いとなります。

あなたたちが“キリスト”を知るとき、あなたたちの想念はもはや善悪に悩まされることはなくなります。そして、あなたたちは、神の愛と智恵と力を現象化している力となるのです。

「“わたし”は世の救いであり、“わたし”を信じる者は永遠に生きる」

“わたし”は、父が世を救うために世に遣わされた“神の生けるキリスト”です。この同じ“キリスト”が内に住まわれています。わたしの内に住まわれている神の霊が、あなたたちの内にも住まわれているのです。

今、わたしの話を聴いている者の多くは、すでにこの地上を離れている人びとです。彼らはかつて、あなたたちと同じ意識で生きていた人びとであり、より精妙な身体をもっている点を除けば、今のあなたたちと同じです。とはいえ、彼らの身体も内なる意識に対応しており、それは、あなたたちの身体があなたたちに対応しており、キリストの力が理解されれば、あなたたちの身体はあなたたちの命令どおりになるのと同じようなものです。