講話番号順に表示 新規投稿順に表示

知性の働きを超えた「わかる」ということがあります。それは言葉での説明や考えを超越した「わかる」というものです。なぜなら、どんな考えや言説も、悟りが伴うものでなければ、単なる言語でしかありません。

わたしは“実在”―― すなわち「生ける、真に存在する“実在”を明らかにしているのです。あなたたちが、観念によって“実在”を創ることはできません。また“実在”は、観念や言説によって理解することはできません。あなたたちが“実在”に対して心を開いたとき、“実在”ではないものを見分けることができたとき、そのとき初めて、あなたたちはそれを悟ることができるのです。

それはあなたたちに自由を与えます。真実なるものを現す自由を与えてくれます。そのために“わたし”はやって来たのです。ありとあらゆるすべての偽りからあなたたちを自由にするためにやって来たのです。

“実在”とは、観念ではありません。言葉でもありません。信念でもありません。それはあなたたちの想像の産物ではなく、想念から呪文(じゅもん)によって呼び出されたようなものでもありません。“実在”はすでに完全であり、生けるものであり、今の今、それ自身を現しているものです。存在しているありとあらゆる力です。それは“永遠の命”であり、それには過去も未来もなく、ただ“永遠の今”だけが在るのです。

愛である父を知るためには、しばしば、頻繁に、愛である父について想いをいたさなければなりません。そうすればあなたたちの心は、宝物の蔵(くら)となります。

神についてじっくりと思索することは、時間の浪費だと想っている人がいます。しかしわたしは、あらゆる創造物の背後に働いている大いなる力について、あなたたちが、深く想いを巡らすことを強く勧めます。それらに関係しているすべてのものを見極めることによって、それを感じ、それを悟りなさい。

その愛の温もりと創造力の英智を感じ始めるにつれ、あなたたちは、自分自身が“実在”に属していることを感じ始め、その愛と英智を現すようになるのです。

それならば、神について考え、わたしたちやすべての創造物を通して、神ご自身を現されるすべての驚異のやり方について、想いを巡らしてみることは、価値のないことなのでしょうか。

これはあなたたちにとって、とても大切なことであり、深く黙想すべき価値のあることです。わたしは道を知っています。ゆえに、「わたしの足跡を辿(たど)りなさい」と言うのです。

真の啓示は、“神聖なる愛のハート”から紐解かれるものでなければなりません。あなたたちのハートの鼓動と神の鼓動は一致しています。それほどまでに父は身近におられるのです。常にわたしの中に留まり給うのは父であり、父がご自身を啓示されておられるのです。