講話番号順に表示 新規投稿順に表示

知的な知識だけでは不十分です。“悟っている心”があってこそ、あなたたちは初めて、父が“直(じか)にわかる”のです。

想念が論理的に考えることができるというのは良いことですが、この“直にわかる”ということは、論理的に考えることよりもさらに奥にあるものでなければなりません。あなたたちは、それを感じ、それを、あなたたちの心でわからなければなりません。

あなたたちが本当に感じることができるようになる前に、あなたたちの心もまた、愛に満ち溢れていなければなりません。これこそがキリストであり、この世に現象化している力であり、人類全体を支えている力なのです。

すべての霊が一つに結びついている絶対合一を理解したときに、あなたたちの内なるキリストが個々に働き始めます。この力の全一性・完全性に気づくにつれて、あなたたちはそれを実感し、覚知(かくち)し、ついには愛そのものとなるのです。

“心”は神の英智への入口です。このことは、あなたたち自己自身の“心”でのみ理解することができます。

想念は論理的思考に導き、何が偽物であり、何が真実であるかを察知し、理解することができます。想念は“心”への入口ですが、心に“キリスト愛”が満ちていなければ、あなたたちの中にキリストの力は現れません。

想念は的確な論理的思考をすることができます。しかし、わたしが言う“理解”(悟り)とは、知的な理解ではなく、想念の背後にあり、論理的な理解を超えた、万物の創造の原因を覚知するということです。

真理はただ一つしかありません。わたしはわたしが理解していることを、多くのやり方で繰り返しています。これがわたしの知る限り、もっとも容易(たやす)く、もっとも効果的な方法だからであり、他の方法は用いません。

さまざまな考えや言葉、名言を拾い上げ、それを繰り返す多くの人びとがいます。しかしそのようなことには、ほとんど価値はありません。悟りもなく唱えたり、それを繰り返してみても、愛と智恵であるキリストの力を開発するためには、ほとんど効果はないのです。

わたしが言っているのは、こういうことです。「あなたたちが自己の心の中で悟り始め、心が清らかになったとき、そこにキリストが宿ります。言葉や考えは想念に属しますが、考えなどを超えて本当に感じるのは心です。考えや観念は真理ではありません。どんな言説も真理ではありません。どんな信仰も信念も真理ではありません。真理はそうしたものすべてを超えています。