講話番号順に表示 新規投稿順に表示

キリストを通じた神の愛が、あなたたち一人ひとり、すべての人の心に宿っていなければなりません。まず、神の国と神の正しさを求めなさい。そうすればそれに加えて他のすべてのものが与えられるでしょう。

そしてあなたたちが祈るときは、すでに実現しているという確信をもって祈りなさい。そうすればあなたたちの祈りは叶えられるでしょう。求めるときは、神の御心の中で求めなさい。そうすれば、それは神の霊の中に創られ、あなたたちが理解に基づく信仰を通して受け入れるならば、神の霊の中で創られたものは必ず形となって現れてくるのです。

あなたたちが闇に包まれていたとしても、あなたたちは全員、(神からの)相続資産を継承しなければならないのです。なぜなら、世を照らす光はあなたたち自身の内にあり、決してそれを消すことはできないからです。

わたしたちの心が愛に満たされた悟りに達するならば、わたしたちは神のものすべてを共に相続することができるのです。「わが子よ、あなたたちは常にわたしと共にあり、わたしのものはすべてあなたたちのものなのです」

わたしの唇を通じて、まだ目覚めていない地上に真理のラッパが鳴り響きます。主なる汝(なんじ)の神は一つであり、そしてそれは、全人類の内なる無限の大霊なのです。

“わたし”は世の光であり、“わたし”に従う者は決して暗闇の中を歩むことはなく、命の光に恵まれます。

パリサイ人たちは言いました。「おまえは自分のことを自分で証言している。おまえの証言は無効だ」これは今日(こんにち)でも同じではないでしょうか。

わたしは彼らに答えました。「わたしは自分自身のことを証言していますが、わたしの証言は妥当なのです。なぜなら、わたしは自分がどこから来てどこへ行くのかを知っています。しかしあなたたちは、わたしがどこから来てどこへ行くのかを知りません。あなたたちは外見で裁きます。しかしわたしは、誰も裁きません。もしわたしが裁くとしたら、わたしの裁きは正しいのです。なぜならわたしは、わたしだけではなく、わたしを遣わされた父が共におられるからです」