講話 14 - 101

このようにして、素直で賢い人びとは父の“愛”の流れの中に取り込まれ、父が持つすべてを表現する媒体となるのです。すなわち「吾のものは汝のもの、汝のものは吾のもの」なのです。